肝斑に関することを治療前に知っておく

肝斑を発症する原因

肝斑は、他のシミと違い紫外線がきっかけで起こるというわけではありません。主に原因は、女性ホルモンとされています。しかし、いくら紫外線が原因でないからと紫外線対策を怠っていると新たな別のシミを引き起こしてしまいます。新たなシミがあると肝斑治療に支障を与える場合があるので、紫外線にも気をつける必要があるでしょう。

新着情報

肝斑を治す

レディ

肝斑の特徴

肝斑とは、頬や額などにでてくる薄茶色のシミのことです。左右対称に現れるので多くの女性が悩んでします。さらに、30歳を過ぎたあたりから見られるという特徴があります。また、肝斑の原因として女性ホルモンのバランスが崩れることで現れると言われてします。ですから、もし肝斑が見られるようになれば大阪のクリニックに行って適切な治療をする必要があるでしょう。

肝斑の治療は豊富

肝斑に効果的とされている治療に、レーザートーニング治療があります。しかし、レーザートーニング以外にも肝斑を改善する治療法はあるのです。様々な治療法を知っておくことで自分に合った方法で治療ができるでしょう。肝斑に効果がある治療法には、内服薬や光治療、ケミカルピーリングがあります。これらの治療法は、メラニンを作るメラノサイトを働きかけてメラニンを含む細胞を破壊します。そうすることで、皮膚のターンオーバーを促進させて肝斑を治していくのです。悩める肝斑は集中治療で改善しましょう。

肝斑にトラネキサム酸を使用する

肝斑に効果がある成分にはトラネキサム酸が挙げられます。この成分が配合された内服薬には、色素沈着を抑え、有効成分を肌に浸透させる効果があります。これを使うことで、表皮の奥深くに眠っているメラノサイトを破壊するので肝斑が治せます。ですから、トラネキサム酸を内服薬として服用すると肝斑に絶大な効果が出て改善することができるのです。

肝斑に合った治療をする

肝斑は紫外線以外の要因によってできるシミです。ですから、肝斑に合った適切な治療方法をする必要があります。もし肝斑に紫外線によるシミの治療をすると、色素沈着が強くなって悪化してしまうことがあるので注意をして下さい。